September 21, 2010

あこがれにいきるってことは

昨日は高校の友人の結婚パーティーでした。
なんか、この3年くらいで一番ハメを外したかもしれないです。 

友人のお嫁さんがすごくBIJINなことに驚き、
そしてそのご友人一同がBIJIN揃いなことに驚き、
保育園・小学校と同じだった人と再会したことに驚きました。
けっこう酔ってたからあまり経緯を覚えてないけど、
知らない人の携帯電話に自分の番号を入れた記憶があります。
一応、先方からのなにかしらのオファーがあったうえでの行動であったはず。 

マンガ家アシスタントをやっている同級生と、
大変でも自分の表現したいことを表現するために労は惜しめない、
みたいなことを言って、とてもいい感じに共感し合った記憶はあるんですが、
どんな話をしてたのかをあまり覚えてないのがとっても残念です。
お酒飲まないとできない話だったろうけど、そのために覚えていられないというジレンマ。
仲良くなれそうだった女の人とアドレス交換をできなかったことより、
こっちのほうが残念な気分になることに自分の意外な一面を見た気になります。 

そのあと、GLAYに詳しい同級生と、新婦のお友達とカラオケの部屋が一緒になり、
結構マニアックな選曲でひたすら歌ってたのが楽しくて仕方なかった。
選曲リスト:
カーテンコール、Together、無限のdeja vu、千ノナイフガ胸ヲ刺ス、Way of Difference、burst、pure soul、SOUL LOVE、誘惑、a Boy ~ずっと忘れない~、生きてく強さ、とか。

その中でも、軌跡の果て、という昔かなり好きだった歌があって、
その歌詞が、なんか今の自分らの年代にジャストミートで、
久しぶりに聴き返したい気持ちになりました。
そういえば昨日初めてカップヌードル×HOWEVERのCMみたけど、
あのシリーズはカンペキにアラサーをロックしてますよね。
 

ふと数えると、高校を卒業してから10年が経とうとしてるんですよね。
ほんとに、「憧れ」しかない時期で、思い返すとまぶしい。
昔の友人に会うと、彼らといた頃から今までの時間、というものを意識するんですよね。 
なんか最近フケたフケたと言われがちですが(一昨日も言われた・・・)、
それはそれでアリかなあ。なかったフリをするには長い時間です。

sasuraoh at 02:19│Comments(2)TrackBack(0)めざせ、エッセイ王! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by shari   September 21, 2010 09:38
軌跡のはては、私も好きだったー

びじんびじん
2. Posted by りょ⇒   September 25, 2010 21:24
うん、ほんっと名曲。
えー、しゃりー、じゃあ次はGLAYトークね。

BIJINBIGIN

コメントする

名前
URL
 
  絵文字